競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

ジャパンカップを斬れ!

 ジャパンカップの大妄想 プロフィール母父ルションの影響が色濃くなり、キャリアを積むごとにマイル色が強くなってきたウオッカ。溜めに溜めたはずの天皇賞でも、脚は見せたもののラストではスクリーンヒーローに差し返されるというお粗末さ。やはり、溜めても弾けない中距離戦のウオッカというのは正解のようだ。追い切りでも舌を出し、リラックスモードというよりは、むしろ必要以上の力みを感じた。やはりどこかバランスが悪い。

マンハッタンカフェは3歳秋に本格化し、菊花賞→有馬記念と連勝。秋華賞馬がジャパンカップに出走した例は、ファビラスラフィン(2着)の1例だけとならば、さらに注目を集めることになるレッドディザイア秋華賞時に決行した新馬戦以来となる坂路の併せ&CWとの併用で秋華賞後に馬がガレてしまった。2週連続で馬に急激な負荷を掛けたことにより、勝利の代償に予定していたエリ女をスキップするしかなかったほどの馬体減りを引き起こしてしまった。そのあたりがどうにもねぇ・・・。

今回のJC、スクリーンヒーローが好むスロー→瞬発力勝負は考えがたく、底力が要求される流れになると脆さも・・・。ペースを筆頭に昨年がすべてに例外と割り切れ、前走時から装着しているブリンカーなどを考慮しても、どこか陣営が試行錯誤している点も否めず、JC連覇を達成出来るほどの逸材ではない。

コンデュイット。BCのサンタアニタは下り。一概に2分23秒台という時計だけでは信用しがたい数字。既に完成していたピルサドスキーシングスピールなどと比較すると、まだまだ上昇の余地がある馬と調教師は言っているが、裏を返せば「その域にはない」ということか。コンデュイットは過去のJCで好走している欧州馬に備わっている「馬格」を持ち合わせておらず、レースでも馬格がない分、外々を回しての競馬が多い。今回の外枠は理想的なのだが、JCでも好走している欧州G1馬の特徴というのは、「本能のまま体全体でグイグイと抉るようなアクション」が必ず備わっている。その強靭な力強さに、エアグルーヴハーツクライなどは破れてきた。コノ馬の場合、すべてに半信半疑な面が多く、本気度も薄い。


菊花賞では馬場入り後すぐさま豊のエスコートで2コーナーへと誘導されたリーチザクラウン。あきらかに走る前に既に鞍上が馬のテンションが高いことを察知した措置であり、京都のG1で騎乗する際、武豊は返し馬では必ずスタンド前(ファンの目前)を走らせるのがお決まりのご挨拶。菊花賞時のリーチザクラウンはレース前に既に馬がかなりエキサイトしていた。

一転、今回は距離短縮&ダービー2着の舞台&前日輸送&メチャクチャ良かった最終追い切りの動き、などなども手伝って、走れる下地は十分に整った。がしかし、今回のリーチザクラウンの敵はエイシンデピュティでもアサクサキングスでもない。とにかくぶっ放しての我慢比べとなるアメリカン競馬の前走を逃げているマーシュサイドインターパティションという米国馬2頭だ。

アメリカンスタイルは、とにかくぶっ放しての我慢比べ。一方の欧州スタイルはペースメーカー(ラビット)を置いての駆け引きありの勝負型。リーチザクラウンと同様に動けるアメリカのマーシュサイドインターパティションに加え、強気デムーロのスクリーンヒーローコスモバルクそしてもう1頭の米国馬ジャストアズウェルの出方すら不気味。

人気薄の身で大逃げがハマらない限り、JCでは中途半端な逃げ戦法は通用しない。それはJCで大逃げを打ったカツラギエースタップダンスシチーが証明してくれたこと。今回のJC、かなり前が速くなることを想定しつつ、そのイメージでそれなりの馬に本命を打ち付けてみた。

天皇賞4着では道中ウオッカの横を追走したオーケンブルースリ。後方で末脚を温存し、直線に入り馬群を割ろうとしたが速い脚がなく、さらに手綱を引いてしまうというチグハグな競馬。機敏に動けず、少しづつ加速するタイプゆえ、京都のような下り坂で直線を向くようなコース形態ではエンジンを押し掛けしてくれるというオプションを得るが、自力で点火せねばならない東京コースでは、この馬本来のズブさも手伝って、やっとこさトップギアに入ったところが既にゴール板という競馬を連想してしまう。が、今回の場合、それでちょうどいいのかも知れない。いかんせん、流れは諄々たる追い風で、冬芝で極端な時計決着や上がりの勝負にならないというのも心強い。

稽古を見る限りあいかわらず体の動きは硬い。頭の位置も高く操縦が難しいタイプではあるが、稽古の動きそのものは抜群に良かった。真一文字にストライドを繰り出し、叩き2戦目の天皇賞で上がり33秒台の末脚(自身初)を使えた効果か、馬にシャキッと感すら出てきた印象。腰がパンとし、距離・展開・道中の三重苦に見舞われた天皇賞でも差し込んできた末脚は、やはり本物と呼べるもの。チョイと不器用なのは百も承知で、最大限に得られる?展開の助けを援護に突き抜けろ!

今年のJCのポイントは3頭の米国馬の出方だ!
不器用でもいい、逞しく突き抜けろ!そ〜んな感じかね。
 

【第29回ジャパンカップの予想】
◎10番:オウケンブルースリ
○ 3番:エアシェイディ
▲ 5番:ウオッカ
△16番:コンデュイット
△ 7番:ジャストアズウェル
△12番:シンティロ

  【2009ジャパンカップ 外国馬】
コンデュイット CONDUIT(イギリス)
シンティロ SCINTILLO(イギリス)
インターパテイション INTERPATATION(アメリカ)
ジャストアズウェル JUST AS WELL(アメリカ)
マーシュサイド MARSH SIDE(アメリカ)

11/29調教からの注目馬
東京11R アプローズ賞
稽古絶好の2頭 
9番ムクドク 10番サクラバレット

京都12R
稽古絶好の3頭
17番リーチコンセンサス 4番バンガロール 6番ニホンピロシェリー

東京9R ウェルカムS
軸は堅い相手探し
4番ドリームゼニス
京都11R 太秦S
軸は堅い相手探し
13番ペプチドルビー
東京7R
状態のいい馬が複数存在。ココは面白い
1番ダノンシュナップス 3番フィールドスピカ 
8番セイウンオウサム
10番セイウンジャガーズ 11番デパール 

2009.11.28 Saturday 18:56
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

ジャパンカップの展望(ウオッカ編)

                ジャパンカップの展望 プロフィール天皇賞2着のスクリーンヒーロー。その天皇賞は集中力を高めるために装着したブリンカーの効果も伺えた。超スローの流れを3番手で追走、ラスト1ハロンで後続を突き放し、一旦は交わされた2着ウオッカを差し返しての2着は評価出来る。直線の攻防は見所十分だった。ピタリと折り合っていた天皇賞の道中からも、距離が延びる2400mのJCは更に走りやすい好条件といえよう。

新馬戦以来となる坂路の併せで一杯に追われた秋華賞のレッドディザイア。ローズSは直前が軽かったが、秋華賞時は直前にメイチの追い切りを決行。念には念をと、右回りコースにおける手前の替え方(下手)を考慮し、CWに入れて長目をビッシリと追い切ってきた陣営の執念が、秋華賞の勝利を呼び込んだ。つまり、レッドディザイアには上がり目がないということだ。秋華賞時の最終追い切り坂路50.2は時計自体は申し分ないものだが、右後脚が外々へと流れ気味でキック力が推進力として伝わっていないような走りにも映った。秋華賞時に決行したCW、そして坂路と、2週連続で急激に馬に負荷を掛けたことが今回のJCでどう出るか?前走後に体を減らしている(エリ女回避)のも、そこいらあたりが影響してのことと推測可能。

天皇賞で3着に破れたウオッカ。天皇賞は後方で溜めるだけ溜めての競馬。直線では前3頭が壁になり出るに出られない不利もあったが、ゴール前ラスト100mで脚色が鈍り、スクリーンヒーローに差し返されてしまったというのは不本意。上がり3ハロン32秒9の脚は使っているが、溜めても弾けない中距離のウオッカを垣間見てしまったような競馬内容で、距離適性の差が出てしまったという天皇賞ではなかったか。

やはり、今のウオッカの距離適正は完全に短縮している。マイルがベストに違いないが、毎日王冠(1800m)、天皇賞(2000m)では「その差」がハッキリと出た。がしかし、春の変則2冠(NHKマイル→ダービー)という今や理想ローテでは?とさえ思えるローテーションが確立している。

つまり、東京の2400mという距離はベストマイラーには優しい環境下にあるということ。ゆったりと流れる東京2400mという距離は、東京の1マイルを得意としている馬ならば、十分に征服可能な類似距離にあるということを忘れるべきではない。たとえ2400mの競馬であれ、自身はマイルの競馬をすれば勝てる環境下にあるのだ。

毎日王冠で標的にされたことから、天皇賞では手綱を抑え込んで折り合いに専念したことが裏目に出てしまったウオッカだが、今回は前走時からのシガラミからも解き放たれ、おまけに鞍上もルメールにスイッチしての参戦となる。鞍上の意を反映せず、馬任せの競馬が出来れば、必らずやウオッカは自身の体に染み付いている「マイルの走り」を自然としてくれるはずである。

前半800mは軽く流せばいい。そこからの1マイルで自身の走りをすればいいのだ。東京の1マイルと2400mという距離は不思議とリンクする。だからこそウオッカはダービー馬であり、ベストマイラーと呼べる馬なのだ。

馬任せにアルカセットに迫り、ハーツクライと王道を歩んだルメールならば・・・・必ずやウオッカはよみがえる!そして、下記いずれかの招待馬との壮絶な一騎打ち!な〜んてシナリオを今のところは用意しているのだが・・・
あの時のオグリ&ホーリックスのように・・・・。

が、溜めてもウオッカは思いのほか弾けない馬なのだ。ある程度前が引っ張ることが好走の条件なのだが、どうもルメールは今回は溜める競馬で試みたいと表明しているようだ。そうなると、直前の調教で舌を出しながら必要以上に力んで走っていたウオッカの姿が、何やら嫌〜な残像として残ってしまう。

今週の追い切りを見る限り、リーチザクラウンオウケンブルースリのデキの良さは際立っていた。さて、今年のジャパンカップ、果たしてどんなドラマが・・・・。

  【2009ジャパンカップ 外国馬】
コンデュイット CONDUIT(イギリス)
シンティロ SCINTILLO(イギリス)
インターパテイション INTERPATATION(アメリカ)
ジャストアズウェル JUST AS WELL(アメリカ)
マーシュサイド MARSH SIDE(アメリカ)

11/28調教からの注目馬
東京10R キャピタルS
トライアンフマーチ
リザーブカード

東京9R セレブレイション賞
マイティースルー

東京10R オリエンタル賞
エックスダンス

京都12R
ケイアイガーベラ
ミリアム
ワンダーグラス

京都11R 京阪杯
レディルージュ
アーリーロブスト
マヤノツルギ

東京8R
セイウンアスラン
スカーレットライン

   

 

2009.11.22 Sunday 22:34
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

マイルチャンピオンシップの予想

プロフィール【マイルCS急所】テンに速い脚はないが、好枠から流れが落ち着いたことで結果的にいいポディションが取れ、ジックリと進路を選択しながらの「タメ」が出来た天皇賞のカンパニー。春の安田記念(4着)では、発馬直後からマイルの速い流れに戸惑い、道中は終始気合を付けながらの追走。自身においても前半3ハロン34秒台で追走しながらもポジションは離れた後方14、15番手。そのため、脚を溜める余裕と進路を選択する有余さえ与えられず、4角では大外へ持ち出すしかなくなるというのがマイルにおけるカンパニーの十八番。直線では必ず差は詰めるものの、僅差の消化不良的なレースが多い。コノ馬の馬柱(戦歴)には見事なまでに出遅れ・不利が刻まれている。そのあたりも影響してるのだろう。

昨年のマイルチャンピオンシップでも、発馬直後から気合いを付けながらの追走だったし、4コーナー勝負所から直線にかけてはお決まりの>大外だった。年齢を重ねつつズブさも増し、テンに行けなくなってきているのは、天皇賞の鮮やかすぎる勝ち方(タメ→斬れ味)にも証明されている。
マイルの距離ではテンに脚を使わされる分、中距離(2000叩砲曚廟擇譴覆なるのは当たり前のことで、マイルの流れが進路を選択する余裕すら与えてくれず、距離ロスさえ発生してくるというのが、マイルにおけるカンパニーの痛い部分と容易に想定できる。

マイルに強い馬はゴール前50mが極めて強い。そしてそのせいか勝率も高い。そんなコンセプトを持つオヤジゆえ、今回のメンバーに◎を打てる馬がなかなか見当たらない。ザレマキャプテントゥーレ、そしてスマイルジャックマルカシェンクでは明らかに役不足?で、外国馬はよー分からんときた。マイルCSにはサラサラ縁のない富士Sの勝ち馬アブソリュートなんぞも買いたかないね。ならば、己のスタンスに頼るのみか。

ローテーションに好感が持てるのと同時に、ゴール前が非凡なスズカコーズウェイに注目したい休み明けでセントウルS(1200m)を使い、2戦目にスワンS(1400m)、そして3戦目に58羨57舛妊泪ぅ襭達咾箸いΣζ擦鯀択してきた。この中間も坂路からコース追いへと変更し、2週連続でCWコースで長目をビッシリと追ってきた。いかにココが最大目標だったのか、手に取るように伝わってくる調整過程。コノ馬、「ゴール前の競り」には強いクチで、マイルの王道(セントウルS→スワンS)を経て叩き3戦目に迎えた57舛任1マイルつうのが何ともいい。背負った短距離で体をほぐして・・・な〜んて感じかのかな。

春の安田記念では、スタートしてついていこうとしたら、一気に置かれてしまった。その猛反省から前半からついていけるようにと、秋初戦は1200メートルのセントウルSから滑り出し、あえてスタートから前についていく競馬を覚えこませた。続く2戦目1400mのスワンSに早速その成果が出た。スタートからハイラップを刻む中、自然と先団の直後を追走することが可能となっていた。すべてはマイルCSを勝つために入念に練られた橋田・後藤コンビの集大成と呼べるシナリオなのだ。あのアドマイヤコジーンで得た師と乗り手のイメージの共有というものが、今年のスズカコーズウェイには託されている。

調教から俺が注目してるのは16番サンカルロだ。休み明けの富士Sは大外からの競馬で着順こそ11着と振るわなかったが勝ち馬とは2馬身差。この中間は12日に坂路でゴール前仕掛けて11.4と終いに斬れ。最終追い切りでも前走時を2秒更新する54.9→12.0の時計を出してきた。特にクビの使い方が柔らかく、クビの動きが馬体をリードして、スッと重心が沈み込むフットワークは実に爽快。馬の状態は素晴らしく、底を見せていない1マイルなら面白い一頭。

    【マイルチャンピオンシップの予想】
     ◎10番スズカコーズウェイ 
     ○16番サンカルロ 
     ▲11番ザレマ
     △ 4番カンパニー
     △12番ヒカルオオゾラ
     △14番ストロングガルーダ
     △ 1番エヴァズリクエスト
     △ 9番キャプテントゥーレ
2009.11.21 Saturday 18:10
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

東京スポーツ杯2歳ステークス他の予想!

プロフィール一心不乱に働き続ける俺に好粥璽襪呂△襪里?所詮は金で雇われ、全ては会社のために・・・てか。肉体と精神の一部ならいくらでも会社にくれてやる!が、いくら積まれても絶対譲れねぇ物はある。つまんねぇ会社人間だけにはなりたかないね。(やべ、愚痴っちった)

一般ピープルは3連休(俺も)か。この週末も、俺らしく、そして俺っぽく、でもってド真剣に競馬に対す。◎スリーロールスの菊花賞、◎ワンデーアキュート▲ダイショウジェットの武蔵野S、そしてコンスタント?に当たっている平場戦。ここんとこの運気は悪くないのだが、妻の為子の為、ドッカーンとファミリーサービス向け&連休向けの馬券が転がり込むことに期待!頼むよ、お馬さん!

東京11R 東京スポーツ杯2歳S 
◎3番ニシノメイゲツ
この中間は重い南Pで馬なりのまま終い12.4。
体重を増やしつつ稽古にも実が入ってきた。
今年の芙蓉Sは超高水準!体調万全を武器に
ここを糧に次へのステップへ・・・。
相手もローズキングダムに絞りたいのだが・・。
【相手】 ○:14 ▲:17 △:亜´  ◆´А´

福島11R 福島記念 
◎ 4 番 デストラメンテ
◎12 番 ヤマニンメルベイユ

この2頭、共に今週の坂路追いが冴えたお馬さん。
時計を詰め、終いもシッカリとまとめてきた。
ここは田んぼレース、二刀流で軽〜くお遊び!
【相手】 ○:11 ▲:5 △:◆´  А´  ´

東京9R 国立特別 
◎14番ブルーデインヒル
この中間は坂路で入念な調整。11、15、18日と時計。
馬なりながら攻め量も充実し、ここは相手に恵まれた感。
馬の具合は実にいい。ココを勝って次へ・・・・。
【相手】 ○:12 ▲:8 △:   ´ァ´

東京10R銀嶺S
◎12番アポロダヴィンチ
一度叩いて中間は南W→南Pと意欲的な調整過程。
最終追い切りでは5ハ67.0→12.1と素軽さが増した。
具合の良さ&距離短縮でアッと言わせても・・・。
それにしても人気ねぇなぁ・・・。
【相手】 ○:1 ▲:9 △: Α´─´ 

東京12R 
◎1番グレイスフルムーヴ
相変わらずの馬なり調整だが今週は重い南Pで時計短縮
の稽古駆け。5ハ:65.0で終いも12.0と上々の脚力。
勝って更に調子を上げている一頭。期待したい!
【相手】 ○:2 ▲:9 △:    

京都12R 
◎4番アディアフォーン
中間は栗Pで長めを2週連続。
先週叩いて今週は馬なりだったが更に時計を短縮。
よほど具合がいんだろう。ここはクラシック路線からの
折り返し。相手は揃ったがリフレッシュ効果に期待!
【相手】 ○:1 ▲:8 △:А´◆´
2009.11.21 Saturday 10:25
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

エリザベス女王杯の予想

プロフィール【エリザベス女王杯の急所】 スタートが良くなったことで相手はレッドディザイアただ一頭とばかりに、初めてレースで相手を意識した安藤勝の手綱。レッドディザイアの斜め後方内側に位置して相手の出方を伺う騎乗を見せた秋華賞。 その結果を、「馬に負担を与えてしまった」と振り返った安藤勝。速めのペース&内目の枠とあって、札幌記念で勃発した折り合いへの不安は影を潜めた。

札幌記念、秋華賞の両レースを見ても、あと50mもあれば余裕で差し切れたような競馬内容に映り、そこに今回はテイエムプリキュアクィーンスプマンテという溜めの利かない逃げ馬の存在と、外回りコース&外枠という舞台設定が、一見はブエナビスタを最大限に援護しているように思える。

が、直前の追い切りではいつものように手前を何度も替えており、そこいらあたりがゴール際の勝負弱さ(エンジンの掛かりが遅い)につながっているような気もしている。縦長の道中でおそらくは掛かる不安から手綱をガッシリと抑えて後方からの競馬になるであろうブエナビスタと安藤勝

必然的に逃げる馬とブエナビスタとの間にはかなりの差が保たれ、その間に居るであろうリトルアマポーラあたりが1番勝利に近い位置に居るような気がしていたのだが、ペースはどうあれ府中牝馬の負けっぷり(6馬身差)はどうにも気がかりで・・・。3歳馬のレベルにも多少疑問を感じているゆえに、ブロードストリートも買えねぇ。

で、よくよく出走馬を見返してみると、間違いなく調子がいいと呼べる馬が少ないことに気がつく。
ならば、旬の豪脚メイショウベルーガでどうだ!
出世レースの古都Sでは鮮やかに強靭な地脚を見せつけての完勝!末脚一辺倒型ではなく応用の利く馬ゆえに、内目で池添が上手く操縦出来たら、「勝利の雄たけび」も有りかな、てね。
血的にもかなり欧州だし。

と、府中牝馬Sでは坂下で早くも先頭に立って終いも11秒台でまとめてきたムードインディゴの本格化にも色気を感じる。チョイと違う勝ち方だったし、追い切りでもリズミカルに弾むような躍動感を放っていた。コイツ、馬が変わってきてるような・・・。

このレース、二刀流でいっか!

父:スペシャルウィーク、母父:カーリアンという狂血が、ようやく「らしさ?」を見せ始めてきたような錯覚?にも陥るブエナビスタ。さて、その走り、しかと見届けるぞよ。(ウッシッシ・・・)
俺って、考えすぎかね?

エリザベス女王杯の予想
 ◎メイショウベルーガ  ◎ムードインディゴ
         ○シャラナヤ
         ▲ブエナビスタ
         △リトルアマポーラ
         △カワカミプリンセス
         △クィーンスプマンテ
         △テイエムプリキュア


【東京競馬馬券メニュー】
東京8R     
◎マイネエアウエイ 着外
中間は重い坂路で50.9→13.2と大幅に前走時を更新。
メンバーは揃ったが牝馬限定。面白い。
○:1 ▲:5 △:10 2 7
東京9R赤松賞
◎アパパネ 1着
坂路から一転、この中間は南Pで馬なりのまま好時計。
さらに状態アップの素質馬に期待!
○:11 ▲:9 △:1 2 6 15 14
東京10RノベンバーS
◎チョウカイファイト 1着
前走時も良かったが、先週は同じく栗Bで長目を追い切り、
直前は栗Pで長目を一杯に追い切られた。変身注意!
○:6 ▲:1 △:10 9 15 5 12
東京11Rオーロカップ
◎アーバニティ 2着
中間は熱心に南Wで5ハ。相変わらずの馬なり調整だが、
11日は前走時をはるかに凌ぐ65.0を計時。状態は絶好!
○:13 ▲:11 △:5 9 2 6 1 4
東京12R
◎マイディアサン 2着
中間は坂路でコレでもか!と言わんばかりの熱い調整。
併走追いを計画的に積み重ね、仕上がりはグッド!
○:12 ▲:2 △:5 11 9 8 13
2009.11.15 Sunday 10:30
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |
<< | 2 / 17 PAGES | >>