競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< チューリップ賞/オーシャンSの予想 | main | 中山牝馬S/フィリーズレビューの予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

弥生賞の予想

【弥生賞の予想】
くそー、ショウリュウムーンに◎でアパパネが抜けかい!な〜んて思っていたら、◎キンシャサが、▲エーシンエフダンスをエスコートしてくれた。危ねぇ危ねぇ。

さてと、春のクラシックロードというと、オールドファンの俺的には、やはり弥生賞という響きから、不思議と気持ちが乗ってきやがる。その弥生賞。今年は、クラシック直結のラジオNIKKEI杯を過去10年でアグネスタキオンの00年に次ぐ時計で勝ち上がってきた注目のヴィクトワールピサが東上。ラジオNIKKEI杯を勝った馬が世代最強であるというのは、いまや俺らの常識にもなりつつある。

そのラジオNIKKEI杯は前半が緩く前が有利な流れだったため、コスモファントムが11秒台のラップで完全に抜け出したが、外から一気に脚力で捻じ伏せたのがヴィクトワールピサ。手応えにも余裕があったが、豊の乗り方が上手ければ、もう少し派手さのあった勝利に思える。レース中、左後脚を落鉄しながら、骨っぽいコスモファントムの勝ちパターンを逆に自分の競馬にしたのだから、相当強い馬だよね。でも、アッサリ◎=ヴィクトワールピサでは面白ーない。つうか、らしくない。

3歳の現時点では馬場うんぬんで馬券は買わない主義。要は現時点で優先すべきは、精神面の強さ、その差が走る走れない、に、つながる。ラジオNIKKEI杯の時に豊の騎乗(後ろ過ぎ)に若干の不満を漏らしていた角居さん。それゆえ、今回のヴィクトワールピサは先も見越して、ある程度前での競馬になるはず。果たして、デビュー4戦、スローな流れを全て上がり34秒1.2でブッコ抜いてきた馬が、1つギアを上げての異質な競馬に耐えうるものか?

中間の角居流3頭併せでも、中山の実戦を想定して、両サイドからプレッシャーを与え、その真ん中からグィッとひと伸びという調教。が、各紙の調教採点では思いのほか評価されていない。単勝1倍台の馬が調教採点で評価されていないというのは珍事だよ。まぁ、俺の目にはまずまずに映ったんだけど・・・。

それに、不思議なのは、関西馬がヴィクトワールピサを除いて6頭も出走してくること。本来、西の大物が東上というケースにおいては、他の関西陣営は東上を見送るケースも多く、手薄な関東馬が迎え撃つというのがレース自体の構図なんだけどね・・。

ましてや弥生賞は皐月賞のトライアル、関西馬にとって、そのリスクは大きいはずなのだが・・・。脈があるのか、何か、裏を勘ぐってしまうのだが・・・。考えすぎかい?

◎アドマイヤテンクウ。京成杯で中山を経験し、逃げて後ろのプレッシャーを受けつつの競馬が功を奏したのか、中間の動きがピリッと変わっている。おっとり型のテンクウがラスト50で最内からグイッと伸び切り、腰に力がついた証明と、陣営もここへきての変化に確信を得ている。

正直、京成杯(2着)の内容だけでは全然足りない。しかしながら、京成杯を使った上積みの部分が今回の弥生賞に直結しそうな点が多い。キンカメに安藤勝、今回は外枠からヴィクトワールピサの出方を伺えるという選択肢の多い競馬。上手くヴィクトワールピサとの位置関係さえハマれば・・・。

チョイと重箱の角を突きすぎた?でも、ヴィクトワールピサは今後いつでも買えそうな馬だし、何もココで力まなくても・・・・ね。調教でバリバリ動いたビッグバン芝は問題ないトーセンアレス、後方から無欲の競馬でダイワファルコン、勝負根性でミッションモード、そのあたりが馬券的妙味かな。あー、疲れた。

◎13番アドマイヤテンクウ
○ 1番ヴィクトワールピサ
▲12番ビッグバン
注 6番トーセンアレス
△ 2番ダイワファルコン
△ 4番ミッションモード


2010.03.07 Sunday 13:00
2010 展開推理と調教
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 13:00
-
| - | - | mail |  |