競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 中山記念/阪急杯の予想 | main | 弥生賞の予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

チューリップ賞/オーシャンSの予想

チューリップ賞の予想
雨中の牝3のTR。難解極まりないが、取り合えず手を出す、それが週末の常。で、手を出す。アパパネから買ったってしゃーない。で、馬柱と睨めっこして、横並びに追っかけていくと、エルフィンSの組&ワイルドラズベリーはたいしたこと無い?そんな結論に流されていく。

雨で切れ味封印?のオウケンサクラ&どんなメンバーだろうが常にソコソコ?のベストクルーズ、そんなさじ加減も加味すると、1勝馬でも十分勝負になる。そこに、「雨馬場は外枠有利」という個人的なスパイスでダメを打つと、◎ショウリュウムーンという結論に着地する。但し、買っても面白くないアパパネ、そんな邪悪な欲が予想の根底にあるのが少々気掛かりではあるのだが・・・・。

◎12番ショウリュウムーン
○ 2番ラフォルジュルネ
▲ 3番オウケンサクラ
△10番ベストクルーズ
△ 5番ヴィクトリーマーチ
△ 7番オメガブルーハワイ
△13番パミーナ

オーシャンSの予想
スタート奪取のセーフティリードがそのままゴール前の僅差へと直結する雨中の中山1200。後ろの馬に妙味のある馬も居るが、捌きのリスクを考えると、やはり前の馬を軸にした方がレースは楽しめる。勝つのは後ろの馬、そんな気もするが、中山1200の醍醐味は断然前の馬の走りにある。コレが持論。

しかしながら、放牧に出し、勝った前2走とは更にデキが違う、そう豪語するキンシャサの充実モードがどうしても無視できない。それにしても、陣営の自信はハンパじゃねぇ。多少馬場が渋っても、外車仕様のフジキセキなら何ら問題ないか。よし、乗っかろ!
偉そうに語って、結局は単純なんだよね>俺って。

◎ 3番キンシャサノキセキ
○ 2番プレミアムボックス
▲ 8番エーシンエフダンス
△12番ランチボックス
△11番サンクスノート
△ 9番グランプリエンゼル
△13番アーバニティ
2010.03.06 Saturday 11:49
2010 展開推理と調教
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 11:49
-
| - | - | mail |  |