競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 根岸Sの完全推理 | main | 共同通信杯/シルクロードSの予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

小倉大賞典/白富士Sの予想

小倉大賞典の予想
小倉大賞典。内にも外にも引くに引けない強力な先行馬のオンパレード。小回り特有のプレッシャーの中、ド派手な先行激化が繰り広げられる。しかしながら、台頭すべき差し馬の安定感や、休養明けの実績馬なども含まれており、凹凸のないハンデも絡んで、何かと不安定要素が多い。

◎マヤノライジン。休養明け3戦目。先週は坂路でビッシリ乗り込まれ、今週はCWの5ハを一杯に追い切ってきた。中京の重賞戦は好走歴もあり、福永を背中に迎え、揉まれてきた高齢馬の底力に期待してみた。俺の頭ではこのレース、調教くらいしか頼るもんねぇし、コノ手のレースでは揉まれてきたキャリアの差にすがりたくなる。相手は関係ねぇ。ただただ少額の総流しあるのみ!

初富士Sの予想
トップカミングの連対圏は堅そうだが、2000で少しポジションが後ろになると、後続の射程圏に入りやすくなるのと、速い脚に欠ける分、前を捕えきれない、そんなシーンも連想してしまう。トウショウウェイヴもそうだが、人気2頭が絞り切れていないという現状が、どうにも引っ掛かるのだが・・・・。

◎バトルバニヤンここ2走はマイルの速い流れに苦しんだ。しかしながら、着順・着差はわずか。ここはスローの2000。アイルランドT、アンドロメダくらい走れれば、持ちタイム(メンバー2位)からしても好走は必至。今週は一転、坂路からPコースへと出て、目一杯の6ハを決行。終い11.8と素軽さを増した感もあり、ここでも劣らないでしょ。

◎バトルバニヤン
○トウショウウェイヴ
▲トップカミング
△トーセンクラウン
△レッドアゲート
△シェーンヴァルト




2010.02.06 Saturday 13:21
2010 展開推理と調教
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 13:21
-
| - | - | mail |  |