競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 東京新聞杯の予想 | main | 小倉大賞典/白富士Sの予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

根岸Sの完全推理

根岸ステークスの検証
ケイアイテンジン
に藤田、サマーウインドに武豊。そして双方の戦い方は「逃げ」と「番手」。ゆえに、鞍上もスタイルを崩してはこないだろう。走り慣れた1400ならケイアイテンジンのリズムは変わらないだろうが、多少なり背後のサマーウインドへの意識は高まるはずで、慎重に行きたいテン乗りの武豊サマーウインドとて、1ハロンの距離延長と東京の長い直線を意識せざる負えない人気の立場から、前のケイアイテンジンを泳がす可能性が強い。が、アンカツで抑え気味だったセレスハントが、内から吉田隼でポンと飛び出したら、2ハロン目が速いケイアイテンジンのペースも必然的に上がってしまう。

サマーウインドも2ハロン目が速い馬なので、駆け引きなしに馬任せに行かせた場合、10秒台をコンスタントに出しているサマーウインドのスピードが、ケイアイテンジンにかなりプレッシャーをかける可能性もあり、鞍上の意とは裏腹に、馬任せの騎乗というものが、必然的にペースを上げてしまう危険性を含んだレースといえる。

そうなると、直線入り口で息を入れつつ、直線半ばで後続を突き放すというケイアイテンジンの勝ちパターンは完全に崩れる。並行して、サマーウインドもある程度早めにケイアイを射程圏に捉える競馬が濃厚ゆえに、相手のペースに乗じた武豊の騎乗というものが、いざ追い出してみると・・・な〜んてことにもなりかねない?

が、サマーウインドの前走・初日の出Sのラップ(11.8-10.5-11.1-11.9-12.0-12.8)を映像と共に検証してみると、前半33.4の流れを楽に番手競馬に持ち込み、そして完璧な折り合いから自身が前を潰しつつ、最後も手綱緩めての5馬身差完勝という勝ち方が、数字と映像とのマッチングにより整理が出来た。この馬、強いよ。1Fの距離延長やコース替わりに屈する器ではないね。

なるほど、シンウインドの息子か、タフな馬なんだろうね。

◎ 9番サマーウインド 
○13番オーロマイスター
▲16番スーニ
△ 2番ワンダーポデリオ
△ 7番ワイルドワンダー

京都牝馬Sはさっぱり予想に身が入らず見送った。
あー、つまんねぇレース。


2010.01.31 Sunday 11:01
2010 展開推理と調教
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 11:01
-
| - | - | mail |  |