競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 朝日杯フューチュリティSの予想 | main | 東西金杯の予想! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

有馬記念の予想

 プロフィール有馬記念を締めくくる!
横山典の心境やいかに・・・。人気を背負っているゆえに、内枠で立ち遅れるのは致命的、おそらくは内からブエナビスタを押してでも出していくだろう、全てはいいポジションを取るため、そしてオーナ−サイド・陣営の意向でもある好位・中団からの競馬を目指して・・・。

週末。枠順も決まり、各陣営・騎手ともにレースのシュミレーションに入りかけたところに、4枠8番を引き当てたリーチザクラウンが、堂々と逃げ宣言に打ってでた!時は同じく、聖夜の競馬紙面がこぞってリーチザクラウンの逃げ宣言をドド〜ット活字にした。

その瞬間から、今年の有馬記念が大きく動き出した。真ん中のリーチザクラウンが行く気満々とならば、外のテイエムプリキュア、内のミヤビランべりらは必然的に抑える。マツリダゴッホの蛯名にしても、リーチザクラウンのペースに乗じて・・という乗り方になる。

そしてもう1つ、仮に好位・中団をキープ出来たとして、ブエナビスタの横山典も実際には動きづらくなった。横山典の心境たるや、まずは全神経をスタートに集中させ、好位・中団追走という理想の形さえ叶えば、まずは乗り替わりの大役を1つクリアしたことになり、そこから自らのさじ加減で動き出すという人的なリスクは避けたい意識が働き、馬任せで道中はジッと我慢というディフェンシブな志向へと転換する。そこが1つの盲点と考える。

とならば、レース前の情報合戦で優位に立つリーチザクラウンが意外や自分のペースでレースを作れるのではないか?と、好位で動かないブエナビスタを後方からマークする組も、ラビット役にブエナビスタを置く形が形成され、レースがしやすくなるのではないか?そんな仮説が成り立つ。

しかしながら、3〜4コーナーの勝負どころをイメージすると、ロングスパートのマツリダゴッホや、外国人ジョッキーが跨るフォゲッタブル・アンライバルドらも早めに前を突きに来る公算が大で、好位のブエナビスタも歩調を合わせるかのように早めに動かざる負えないという状況下に立たされる。そう考えると、道中ブエナビスタを前に見ていた後ろの組の決め手が最もハマりやすい。

◎ドリームジャーニーといきたいところだが、何かそれでは自然すぎないか?でもって、調教を振り返ると、どうもドリームジャーニーの中間の過程が釈然としないのだ。カイバ食いはどうなのか?ゴール板を過ぎてから気合を注入していた意図は?そして25日に坂路に入れた目的は何であったのか?どうにもこうにも、ドリームジャーニーへの疑いがスパッと晴れないのだ。

かなり遠回りした結果、◎フォゲッタブルとした。とにかくコノ馬、調教を見てもメチャクチャ具合がいい。闘志を秘めつつも、妙〜にリラックスした走りが、今の体調の良さを十分に裏付ける。展開がハマりそうな切れ者ドリームジャーニーを蹴る以上、今年の有馬記念は切れではなく、優れた心肺機能、つまりはステイヤー性能を上位に見るべきか。究極のデキを誇るフォゲッタブルが、ルメールを背に外から各馬の出方を伺えるというのは、大きなアドバンテージにもなる。

行く気満々のリーチザクラウンが真ん中から出て隊列を引っ張り、ティエムプリキュアあたりがそれに続く流れとなれば、おそらく道中はある程度の縦長。つまり、大外枠のフォゲッタブルも外々を回らされる可能性がなくなり、内に潜り込みやすくなる。「外が不利」という有馬記念が持つ1つの定説は、何もコース形態における頭数だけで定説化されているものではない。むしろ道中が縦長に流れる有馬記念なら、外枠に位置するスタミナを持つ馬なら断然レースはしやすくなる。

マツリダゴッホは問答無用なレースをした時は強いが、今回は少々リーチザクラウンに合わせねばならず、そこいらあたりが「らしさ」を失う根源となるかも・・・菊花賞のスリーロールスは京都コース特有の内枠に恵まれたG1馬という感が拭い去れず、ここで好走出来るイメージが・・・。

最後に・・・。あの調教見ちゃったら、調教好きな俺的にはフォゲッタブルにしか◎は打てないのよ。それほどルメールが跨った23日の追い切りは素晴らしかった。さすがエアグルーヴの子、大レースにピタリと照準を合わせてきた。たとえ外れても後悔なしの本命たい!

 有馬記念の予想

◎16番フォゲッタブル
    ○8番リーチザクラウン
       ▲11番イコピコ
          △ 9番ドリームジャーニー
          △ 2番ブエナビスタ
          △15番ネヴァブション
          △14番セイウンワンダー





2009.12.26 Saturday 17:22
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 17:22
-
| - | - | mail |  |