競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 阪神JFを終えての感想 | main | 有馬記念の予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

朝日杯フューチュリティSの予想

 朝日杯FSの推理ゲーム プロフィール多頭数で行われるの若駒のG1。やはり阪神JF同様、コース形態 に準じた流れの中でのポジショニング、及び「枠順」や「展開」というものが大きく明暗を分ける可能性が強い。稽古でも引っ掛かり、デビューから3戦全てにハナを主張してきた1枠1番バトルシュリイマンが好枠を利してスッとハナを主張するだろうが、勝浦に乗り替わったツルマルジュピターや同じく安藤勝に乗り替わったエーシンホワイディあたりも速い。この3者全てが乗り代わりの代打ゆえ、いずれかが強引にペースを剥奪する可能性が強い。

外からはニシノメイゲツあたりもいいポジションを取りにくるはずで、生粋の短距離馬ダッシャーゴーゴーエスカーダバトルレッドらも普通にゲートを出れば、前をさらに押し上げる存在になりうる。今年の朝日杯FS、枠順からも悪戯に各馬が分散してるように思われ、やはり枠順・展開がカギを握っていると見ていい。

「縦長のハイペース」が前提条件。となると、人気のローズキングダムトーセンファントムあたりの道中のポジショニングが悪くなる可能性がある。つまり、後方に置かれがちになるということだ。マイルの距離で押し上げに脚を使った際、ローズやトーセンは今まで通りのパフォーマンスを繰り出せるのかどうか、その保証はどこにもない。

父ジャイアンツコーズウェイのエイシンアポロンは、スズカコーズウェイでもうウンザリした。買う気になれない。中間の稽古があまりに軽すぎるキングレオポルトも買えない。ならば、ハイペースの縦長を利して好位の内々をピタリと回ってこれる馬が1番好走確率が高い。

◎ダイワバーバリアンだ。デイリー杯でのエイシンアポロンとの差は、1ハロンの距離延長で十分逆転可能。父マンハッタンカフェ、母父キングマンボとくれば、イメージするのは同じく蛯名のお手馬だったマンハッタンカフェエルコンドルパサー。これも何かの縁なのか・・・。デビューから5戦、使いながら着実に体を増やしてきたダイワバーバリアン。ココは絶好の走り頃だ!

但し、お断りしておきたいのは、予想の根底にあるのは、ローズキングダム買ったって面白くないという不純な欲があるのと、展開推理は一歩読み違えると、一切合財が違うレースになってしまうということ。まぁ、ハマればデカイが、狂うと脆いということか。あくまでセオリーは、俺らしく、そして俺っぽく・・。

  【朝日杯FSの予想】
◎ 2番ダイワバーバリアン
○12番エイシンアポロン
▲15番トーセンファントム
△ 8番ローズキングダム
△10番ツルマルジュピター
△ 9番エーシンホワイティ
△ 5番ダッシャーゴーゴー 

2009.12.19 Saturday 21:13
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 21:13
-
| - | - | mail |  |