競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< 阪神ジュべナイルフィリーズの予想 | main | 朝日杯フューチュリティSの予想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

阪神JFを終えての感想

阪神JFの猛反省・・・。スローはスローでもあれほど縦長の隊列になるとはねぇ・・・。俺もまだ甘いな。 それにしてもシンメイフジは走らなさすぎた。出遅れはある程度覚悟していたが、ダリア賞の道中をイメージしていたので、あれほど行き脚がつかないとはねぇ・・・。稽古の動きもバッチリだったんで。

それにしても勝ったアパパネは強かった。直線に向いてから、前の視界を確保するとそこから一気に突き放して見せた。ダテに10月以降の東京開催で終い2ハロン目に唯一10秒台を記録した馬だけのことはある。抜け出る脚が速い。まぁ確かにツキもあったのだが・・・。

スタート直後に内から好スタートを切った馬達に歩調を合わせるかのように、蛯名騎手がスッとアパパネを行かせたのが結果的に良かった。抑え込んでいたら、また違ったレースになったはず。それにしても興味深いのが、2着アニメイトバイオ(内田博騎手)、3着ベストクルーズ(安藤勝騎手)、4着ラナンキュラス(四位騎手)と、アパパネを近くで見ていた腕のある騎手達が揃って同じような談話を残していることだ。

内田騎手:勝った馬が強かったですよ。あっという間に交わされてしまいました。
安藤騎手勝ち馬の抜ける時の脚が速かったので、あれには勝てないと思いました。
四位騎手道中馬場に何度かノメっていました。勝った馬が強いですね。

2〜4着までの騎手が揃って勝ち馬を称賛しているのだ。よほどアパパネの脚が凄いのか、これも珍しいレース後の騎手達の談話だと言えよう。しかも腕のある乗り手さん達の感想だからね。よほどインパクトがあったんだろうね、アパパネの脚が。

それともう1つ。圧倒的に関西馬有利な傾向にある阪神JFにおいて、関東牝馬がワンツーを果たしたという事実も無視できない。これは9月に完成した阪神競馬場厩舎東側防音壁設置工事の恩恵と考えられる。兼ねてから騒音問題に悩まされてきた阪神競馬場厩舎東側。関東から輸送してきた馬達がレースに至るまで滞在するこの馬房の直ぐ横には騒音問題を抱える幹線道路が流れており、馬に悪影響を及ぼしていた。実際には場内の歓声やファンファーレなども耳に入るようで、輸送を終えた関東馬達には非常に酷な環境下であった。

その防音壁設置工事の完了により、早めの入厩=現地調整という兼ねてからの関東ホースマン達の理想系が確立された。アパパネ→アニメイトバイオで決着したこの阪神JFを皮切りに、一気に劣勢だったアウェー関東馬達の逆襲に拍車が掛かりそう。

なんせ阪神JFって、関東牝馬が勝つには1番難しいレースだったはずだから・・・。
2009.12.13 Sunday 21:44
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 21:44
-
| - | - | mail |  |