競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< ダービーで見直せる馬を探せ! | main | ダービー馬:リーチザクラウンを夢見る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

アンライバルドという馬

アンライバルドはダービーを獲れるのか?
トップスピードでコーナーに入り、そのまま直線に抜ける脚、あれは本物だ。皐月賞はスプリングSよりも1000mの通過が3秒以上も速く、しかも同じような位置取りでレースを進めながらも、極端に異質な流れを難なくクリアしたアンライバルド。スプリングSの岩田騎手は皐月賞とは異なり、お尻を上げ、手綱をガッシリと抑え込んでいたが、アンライバルドの頭の位置は皐月賞の時よりもかなり高い位置にあった。つまり、若干折り合いを欠いていたということ。

スプリングSと皐月賞とでは道中の流れは別物。普通の馬なら適性が極端に分かれる部分で、本来ならば双方のレースで明と暗とがハッキリと出てもいい。が、アンライバルドはこの広域な適性幅さえも、意図も簡単にクリアした。イチロー語録ならば、「この馬、間違いなく>持ってる」て感じ。

その荒々しさ、荒削りなレース運びからも、「ダービーの1番人気」という点では嫌われがち?かも知れないが、コノ馬は1着か着外か?という馬ではない。十分に2着も拾える適応力のある馬だ。ただ、皐月賞があまりにも綺麗すぎた。皐月賞→ダービーという流れを考えると、皐月賞はもうちょっと普通でよかった。何故なら、皐月賞の派手なパフォーマンスが、どうしてもストレートコースのダービーでイメージ出来ないのだ。「皐月賞で労した馬ほどダービーでは楽になる」という持論もあり、今のところ私は皐月賞馬アンライバルドの2着固定をイメージしているのだが・・・・。

問題は未だ瞑想中にあるダービー馬だ。
さて、こっから、どう考えよ。
いや、既にここまでが間違っているのか?

ご訪問に感謝!応援ポチ ヨロシク→予想ランキング
こっちもね→競馬ランキング 【IPAT Entry2 Rankin】



2009.05.28 Thursday 22:42
2009 調教&展開予想
comments(0) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 22:42
-
| - | - | mail |  |