競馬予想メニュー
競馬記事一覧
競馬ブログの交友
RECENT COMMENTS
<< マイラーズCの予想 | main | 皐月賞的中から何を学んだか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.06.20 Sunday 
-
| - | - | mail |  |

皐月賞攻略のイメージ

new_icon.gifサッカー帰り、オヤジの皐月賞は
              アンライバルド

きさらぎ賞では折り合い面にも心境を見せた武豊リーチザクラウンが大外18番枠からの競馬を見せる。ラジオNIKKEI杯の教訓からも、ジワッとハナを奪いつつ、きさらぎ賞同様終いの脚は残しておきたいというのが鞍上の心理だろう。

おそらくは「俺が行く」と、派手なオーバーアクション(ダミー)で先手か。それによって、内から先手を伺うであろうサトノロマネアーリーロブストらを牽制する。断然の人気を背負い最内に入ったロジユニヴァースの横山典も、まずはスタートに全神経を使うはずで、無理は避けたいというのが騎手心理だろう。

クラシックレースで豊が隊列を引っ張る。つまり、他の騎手も動きづらいというレースが成立する。問題は横山典ロジユニヴァースが何処で動くか?だ。横山典という騎手は、どちらかと言うと「出たとこ勝負」的な乗り手で、武豊や安藤勝のように馬の背中で体感時計を正確に刻むことは出来ない。

前を走るのはリーチザクラウンと武豊。たとえペースがスローであろうと、体感時計を持たない横山典が自ら早めに動き出すシーンは考えがたい。おそらくは俗に言う「勝負どころ」まで、リーチザクラウンのペースに乗じてという正攻法な競馬になる。ましてや、モンスターステップ:ロジユニヴァースの背中で時計を感じ取ることは難しい。横山典は動かない。

そんな安全策がロジユニヴァースの仕掛けを遅らせる要因へとつながる可能性も。つまり、決め手を持つ後続勢との差が縮まるということ。おそらく道中は武豊が微妙にスピードの緩急もつけてくるはずで、リーチザクラウンの近くで競馬をしていた先行馬達も、ペースうんぬんに関係なく、何らかの消耗は避けられない道中となるだろう。

4コーナー勝負どころでは馬群がギュッと凝縮する。となると、道中後ろからず〜っとリーチザクラウンロジユニヴァースをマークしていた決め手を持つ馬に展開は傾く。

外から一気にアンライバルドだ!
正直、スピードの持続力が問われる近年の皐月賞を好走出来る下地を現時点では示していない馬だが、血統背景にはコノ馬の底力が鮮明に映し出されている。オイラがオーナーなら、欧州で走らせてみたい逸材。展開(勝負のアヤ)というものには、データも適性も何ら効力を持たない。
よしっ、岩田〜差せぇ〜!・・・・・。

伝説の3強名勝負を思い出した。ナリタブライアン、サクラローレル、マヤノトップガン。最後に笑ったのは、道中1番後ろから突き抜けたマヤノトップガンだった。腕利きの名騎手同士による3強対決というのは、不思議と道中一番後ろからライバルを見ていた馬に軍配が上がる。なんとなくわかる気もするが・・・。

この皐月賞、もう1つオヤジの密かな楽しみは、栗東芝コースにおける3頭併せで抜群に動いたトライアンフマーチのレースぶりだ。何といっても気配が実にいい。それにバリバリの良血馬ときた。この馬、面白い。

第69回皐月賞の予想

◎:アンライバルド
○:リーチザクラウン
▲:ロジユニヴァース
△:リクエストソング
注:トライアンフマーチ

サクラの闘将が亡くなり、当時ローレルの主戦だった男に再び品格のある牡馬が巡ってきた。アノ品のある馬体とモンスターステップ。どこかサクラローレルとダブるロジユニヴァース。今でもオールドファンのオイラは凱旋門賞さえ勝っていた名馬だと確信している。伝説の名馬から時代の最強馬へ、伝説の襷は果たして無事に受け継がれるのか?ロジユニヴァースからサクラローレルを感じるんだから、ロジユニヴァースって相当強い馬だよ、きっと。

あーぁ、明日もサッカー。レースも見てぇなぁ・・・。
やべっ、結構馬券買っちってるし。
サッカー人の朝は早い。さて、寝っかな、まだ早ぇなぁ。
          
      競馬ランキング 【IPAT Entry2 Rankin】

2009.04.18 Saturday 19:17
2009 調教&展開予想
comments(1) | trackbacks(0) | mail |  |

スポンサーサイト

2010.06.20 Sunday 19:17
-
| - | - | mail |  |
賞罰の履歴書 (2012/02/19 3:21 PM)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。